多発性硬化症と運動・夏対策:注意すべきポイントと適切な運動方法

秋の気配を感じる可愛い似顔絵のゼオン多発性硬化症(MS)
【アフィリエイト広告を利用しています】
【アフィリエイト広告を利用しています】

こんにちは ゼオン@_zeonxhiro2020)です

今年の夏は長いですね!

しかし、ようやく秋の気配が感じられる時が近づいてます

運動がしやすくなる季節と夏の振り返りで!!!

ゼオン
ゼオン

はやく涼しくなってほしいな!

多発性硬化症と夏の対策

多発性硬化症(MS)にとって、夏は特に気を付けたい季節となります

暑さや湿度が体調や症状に影響を及ぼすことがあり、適切な対策が求められます

そこで夏の注意すべきポイントと運動方法を詳しく見ていきましょう!

夏の注意すべきポイント

ウートフ現象(Uhtoff’s phenomenon)

多発性硬化症(MS)には、体温が上がると症状が一時的に悪化する「ウートフ」という現象が起こることがあります
夏の暑さや激しい運動はこの ウートフ現象 を引き起こす可能性があるため注意が必要です!

ウートフ現象(Uhtoff’s phenomenon)

多発性硬化症(MS)に特有の現象で、体温の上昇(運動、暖かい風呂、高温環境など)によって神経症状が一時的に悪化することを指します
この現象は、体温が元に戻ると症状も通常は元の状態に戻ります

ウートフ現象 のメカニズムは完全には解明されていませんが、多発性硬化症(MS)で損傷した神経の伝導速度が体温の上昇によってさらに低下することが関与していると考えられています

この現象を理解することは、多発性硬化症(MS)が日常生活の中で症状の悪化を経験する際に何がそれを引き起こしているのかを理解する上で役立ちます
特に暑い季節や運動後などに症状が悪化する場合、ウートフ現象 が関与している可能性があります

脱水のリスク

暑さでの発汗や、適切な水分補給を怠ることで脱水症状が起こりやすくなります
これが症状の悪化を招くことも!!!

夏の疲れ

疲れやストレスも症状を悪化させる要因となることがあります
夏の活動や運動には計画性を持ち、無理をしないことが大切です!

ゼオン
ゼオン

無理は禁物!!!
絶対あかんで!!!

適切な夏の運動方法

涼しい時間帯の選択

早朝や夕方など、気温が低い時間帯に運動することです
ウートフ現象 のリスクを低減することができます!

室内での運動

エアコンの効いた場所やプールなどの涼しい環境での運動がおすすめです

ゼオン
ゼオン

ゼオンも部屋を涼しくして買ったエアロバイクで朝、夕運動してるよ!!!

水分補給

運動中はこまめに水分を摂取すること!!!
特に、汗をかいた後は、水だけでなく電解質を補うスポーツ飲料や酸素水を併用するのが良いです

適切な強度

激しい運動は ウートフ現象 を引き起こす可能性があるので、適切な強度を選びましょう!
ウォーキングやヨガ、ストレッチなどの軽い運動がおすすめです

無理しない1日5分の効果実感chocozap
休憩を取る

長時間の運動は避け短時間で数回に分ける!
必要な時に休憩を取ることが大切です!

ゼオン
ゼオン

休憩は大事やね!!!

まとめ

夏は 多発性硬化症(MS)の患者にとって、特に注意が必要な季節です!

しかし適切な対策と運動方法を選ぶことで、健康を保ちながら楽しい夏を過ごすことができます

自分の体調や症状をよく知り、無理をしない生活を心がけましょう!

ゼオン
ゼオン

すごしやすい秋!!!

待ってんで~!!!

アデュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました